皮脂の取りすぎでハゲる!

頭髪の薄さを気にしたのは、いつごろですか?
薄さを気にされる方には、両親や親戚を見回し幼い頃からすでに絶望感を感じている方も世の中にはいると思います。

やはり一日数回、頭皮の皮脂と汗を取り除くために専用のシャンプーを利用し、日々努力されているのでしょうか?

そんな貴方に、良いお知らせと残念なお知らせを各1つご紹介します。

良いお知らせ
・頭皮の皮脂を落とすために、かけている時間と金銭が節約できます。

悪いお知らせ
・頭皮の皮脂の取りすぎは、薄毛の原因です!

今までの常識とは、真逆の発言なため抵抗があると思います。
なぜ、皮脂の取りすぎが薄毛の原因となるのか、説明していきましょう。

なぜ、皮脂は頭皮に必要なのか?
・洗浄力の強いシャンプーを利用し、頻繁に洗髪を行うことは、頭皮のトラブルのもとです。
・皮脂や汗を落としているはずなのに、皮脂が異常に分泌し脂性の原因となります。
・頭皮の炎症や角化異常が起こるのも薄毛の原因となります。

皮脂を頭皮に役立てるには、どうすれば良いのでしょう?
・頭皮についた汗、埃などの汚れと、酸化した皮脂だけを洗い流します。
・適量の新しい皮脂は、頭皮に潤いを与え保護するために、残すようにします。


拡大スコープ等を利用した頭髪診断で、毛髪の根本に皮脂が認められたからと言って焦ってはいけません。
健康な毛に混ざった細い毛を見て、それが全てだと絶望してはいけません。
毛髪を拡大してみた状態に、慌てないでください。

毛の多い人も濃い人も、幼い子供も皆同じような頭皮をしていますから大丈夫です!

必要な毛髪の皮脂を守る方法
・シャワーの水圧は弱めにしましょう。
 水圧が強い事で、必要な皮脂まで流れ落ちてしまいます。
 また、洗面器にお湯をため髪を洗い流す方法も有効です。
・お湯の温度は低めにしましょう
 頭皮にかかる湯の温度が高い事で、頭皮が乾燥し皮脂が過剰に出てしまいます。
・洗浄力の強いシャンプーは、やめた方が良いでしょう。
 必要な皮脂や脂質まで取れてしまうため、髪の栄養素が抜けやすくなります。

以上の方法で、頭皮に必要な皮脂を守る事ができます。
疑心暗鬼になっているあなたも、一度効果を試してみませんか?