産後の脱毛は当然の現象・・・

異常脱毛の悩みは性別を問わず、ストレスとしてのしかかります。
枕についた抜け毛、ブラシをかけた後に抜けた髪の量、切なさを感じるものです。
そんな、性別に関係ない異常脱毛ですが、女性にのみ起こるものがあります。

出産を終えた後の脱毛です!!

命を育み、新しい命を生み出す出産。
自分の命を分け与えるほどの偉大な作業なのですから、脱毛も仕方がない。
根拠など考える事もありませんでした。


しかし理由があるのです。
通常ならば、髪が抜ける(休止3か月)→成長する(3〜5年)→成長が止まる(退行3週間)そして髪が抜けると言うサイクルが髪の日常です。

妊娠中の女性は、黄体ホルモンの分泌が盛になります。
それが原因となり、ヘアサイクルが一時的に変化し、通常ならば休止期に入って抜けおちる髪も抜けずに成長し続けるのです。

出産を終え黄体ホルモンが正常に戻ると、休止期でも頑張って成長していた髪が一斉に抜けてしまうのです。
主産後に「通常よりも大量の髪が抜けた!!」と驚く原因は、そこにあります。
このようにハッキリとした理由があるため、出産後の異常脱毛に対する心配は一切必要ありません。


出産後のおすすめ髪ケアを紹介します。
・出産により減少したタンパク質やカルシウム等の補充を十分におこないましょう。
・生まれた赤ちゃんの世話に追われ大変だと思いますが、睡眠と休養の時間を上手にやりくりしてください。

それが出来れば問題ない!
髪の心配よりも今はする事が多い!
と怒られてしまうかもしれません。

しかし、美しい妻であることは旦那様にとっても非常に大切であると思います。
是非、協力してもらいましょう!
育児協力は、旦那様のためでもあるのです!


孫可愛さに、ご両親が協力を申し出て下さるなら、是非にお願いしてみてはいかがでしょうか?
義両親に可愛い子供を預けたくない!!等と思っている方もいるかもしれません。
しかし、1時間でも2時間でもあなたが睡眠をとり疲れを取ってくれる事を願います。

髪の話なのに少々逸れてしまいましたが、
周囲の協力を得る事で、栄養と休息をとるが出来るため髪の潤いに繋がります。
ストレスが募る事も髪の状態悪化の原因となるので、話がそれた事ご容赦ください。