海藻で本当に髪は増えるのか!?

薄毛やハゲには、多くの人が昔から悩まされてきました。
その長きに渡る月日により、様々な都市伝説が生み出されてきました。

海藻類を食べると髪が増えると言う噂は、随分昔からあります。
科学的根拠よりも民間療法に比重が置かれていた時代から、存在する噂です。
海藻類の根が海底にシッカリととどまり、押し寄せる波に負けず密集している姿から、豊かな黒髪を連想させたのかもしれません。

そんなワカメやヒジキの海藻類を食べると髪が増えると言われるのは、事実なのでしょうか?



海藻類が髪にあたえる効能
海藻類には、食物成分とミネラル、ヨウ素が含まれています。
ヨウ素を取ることで、髪の艶が増すと言う効能があります。
このため、髪に良いとされたのかもしれません。

実は怖い、海藻類の過剰摂取
羅臼昆布と言う名前を聞いた事はありませんか?
北海道で取れる最高級とされる昆布です。
この昆布を始めとする天然物昆布の95%以上は北海道が原産地です。
この昆布の原産地では、甲状腺腫にかかる人の比率が他に比べ非常に高いです。
その理由が、海藻に含まれるヨウ素の過剰摂取であると判明されました。

海藻って怖い!って、ならないでくださいね。
ヨウ素が不足すると、身体の疲れ、甲状腺機能の低下、脈拍の低下、身体のムクミ
性的興奮減退、不妊、肥満、髪、皮膚、爪に艶がなくなります。
また、子供の場合では、発育障害、脳機能障害、学力障害、精神身体発達遅延。
ヨウ素不足により、このように多くの障害があらわれるため、世界中の多くの国々では、ヨウ素欠乏が問題視されているのです。

大切なのは、容量を守って食べると言う事です。
昆布原産地の人達は、1日にヨウ素を50〜80mgも摂取していたのです。
このような極端な量を摂取しない限り、多少量が増えた程度では排泄により調節できます。
長期間の過剰摂取でもない限り、過剰摂取のリスクは出ませんので安心ください。

ヨウ素が不足する事による症状は、1日にヨウ素を0.1mg摂取する事で、解決されます。
これは日本人が日常的に食事を取ることで、十分に補える量なので心配はいりません。

このように、海藻には様々なメリットデメリットは存在しますが、髪の増量に繋がる事は、残念な事にありませんでした。