女性、子供の髪トラブル・・・

髪は女の命!その髪が今危険に瀕しています!

製薬会社の調査では、20〜50代の日本人女性のおよそ6割が髪の悩みがあるといいます。

悩みの種類
・髪にコシ・ハリ・艶が無くなった
・薄毛が目立つようになった

髪の悩みの原因は何でしょう?
男性と女性の薄毛の方、健康な髪の方を対象に毛髪チェックをさせて頂いた結果
男性の薄毛問題は、髪の総量に問題がなく、髪が細い・産毛が多いと言う結果でした。
女性の薄毛問題は、髪の本数が少ないのが原因でした。

女性の薄毛は、従来は髪が細く痩せる事に原因があると一般的に信じられていました。
この調査結果が正しいのか?従来の結果が正しいのか?は、未だわかりませんが、
女性の社会進出・メディアで流行する女性像等の時代の変化と同様に、薄毛の原因が変わっていたとしても不思議はないでしょう。

社会問題から考えられる女性の薄毛の理由
・睡眠不足
・パーマ、カラーリングをはじめとする不適切なヘアケア
・過度のダイエット
・ストレス
・喫煙

薄毛が気になる女性は、これをきっかけに生活習慣の見直しをしてみてはいかがでしょうか?



子供の精神と社会性を守れ!子供を襲う薄毛問題

薄毛の脅威は女性だけではなく、小学生にさえ脱毛症や薄毛が増加しています。
病気や特異体質などにより頭髪が抜け落ちる子供は、以前からいました。
しかし、現代の子供達に増えた脱毛症は、以前までとは事情が違い普通の子供が対象なのです。

子供の脱毛で予測できる最大の原因は、慢性化された夜型生活です。

子供の夜型生活による髪への悪影響
・体内時計が狂う事で、交感神経に狂いが生じるための脱毛
・髪の成長に欠かせない成長ホルモンが不足することによる脱毛

現代社会の変化・夜型生活意外の影響
・欧米型の食生活、インスタント食品、清涼飲料水等の食生活の変化
・受験戦争、家族内コミュニケーション不足によるストレス


子供時代は、人生の基礎を築く時期であり、感受性豊かな多感な時期でもあります。
そんな大切な時期に毛髪トラブルに巻き込まれるとしたなら?
毛髪だけの問題では終わらず、イジメにまで発達する可能性があります。

子供の幸せのためにも、病気ではない!!と終わらせないでください。
1日も早く自然な頭髪を取り戻すように協力を惜しまないであげてください。